スタイル

表は必ずテーブルにする

法律事務所の仕事では、エクセルをデータベースとして使うことが多くあります。エクセルをデータベースとして使用する場合に便利な機能として、テーブル機能があるのですが、使っている人は少ないようです。

テーブル機能がどうして便利なのかについては、こちらの記事が参考になります。

そして、このテーブル機能は、VBAとの親和性が非常に高い機能でもあります。
この点に関しては、こちらの記事にが参考になります。

「VBAエキスパート公式テキスト」の「Excel VBAスタンダード」には、2019年に改訂された際に「テーブルの操作」に関する20ページ以上の記事が追加されました。つまり、VBAエキスパート試験の試験範囲に含まれたということです。このことは、このテーブルを操作できることが、VBAを習得するうえで重要なものになっていることを表しています。

「テーブルにすると何が良いのか」を説明するためには、「テーブルがないと何が問題なのか」を説明しなければなりません。しかし、その問題に実際に直面した人でなければ、理解してもらうのは極めて困難だと思いますが、一番重大な問題点を一言でいうならば、「変化に弱い」ということです。

「Excel VBAを実務で使い倒す技術」には、「『変化』は必ずやってきてVBAを劣化させる」とし、「予測できる変化に備えておく」ことや「そもそも変化に強い作り方をしておく」ことが重要だと述べられています。そういった観点で、「テーブル機能」を活用することには、大きな利点があります。

一度、テーブルを用いたVBAプログラミングを経験したならば、もう二度と元には戻れなくなるほどです。また、テーブルを用いる場合のVBAのコードは、それを用いないものとは大きく異なるため、VBAでデータベースを扱う場合には、最初から「テーブル機能」を用いるべきです。

ということで、VBAアセットでは、「表は必ずテーブルにする」というスタイルを採っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました