スタイル

VBAアセットがプログラミングに採り入れているスタイル(手法)を紹介します。

スタイル

表は必ずテーブルにする

法律事務所の仕事では、エクセルをデータベースとして使うことが多くあります。エクセルをデータベースとして使用する場合に便利な機能として、テーブル機能があるのですが、使っている人は少ないようです。 テーブル機能がどうして便利なのかについ...
スタイル

可能な限りマクロではなくワークシート機能を使う

エクセルのマクロを使い始めると、案外悩むのが、「マクロとワークシートの機能のどちらでも同じことが実現できる場合、そのどちらを使うか」という問題です。こちらのサイトにも、この問題について書かれています。 VBA...
スタイル

マクロの中にもワークシート関数をできるだけ使う

VBAには、ワークシート関数を呼び出して使えるようになっています。なんとなく、ワークシート関数「も」使えるみたいな感じで、おまけの機能のように思われがちですが、そうではありません。 例えば、ある文字列が入っているセルの行番号を求める...
スタイル

コードは、シートモジュールに書く

VBAの達人たちは、その多くがマクロのコードを標準モジュールに書くことを推奨しています。 しかし、シートモジュールを利用すれば、そのシートに関係の強いプロシージャをそのシートモジュール内に記載できるので、マク...
スタイル

マクロの実行は、イベントプロシージャで行う

VBAを実行するための方法には、いろいろあります。 もちろんイベントプロシージャを勧めるサイトもあります。 VBAアセットは、「一見普...
スタイル

イベントは連鎖させない

イベントプロシージャの一番の問題点は、イベントの連鎖をコントロールしなければならないことです。「あるセルの値が変わる」→「イベントが起動する」→「別のセルの値が変わる」→「イベントが起動する」というようにイベントが連鎖すると、最悪の場合そ...
スタイル

イベントの抑止に併せて、処理速度向上処理を行う

イベントの抑止が必要なことは、別の記事で説明しました。 ここでは、その際にマクロの処理速度向上の処理を合わせて行うことを説明します。 具体的には、次のようなコードを利用しています。 Sub DsblEvents() Wi...
スタイル

各人別ファイルを利用してデータを共有する

法律事務所は、データの共有を行っているところが多いと思いますが、その方式は様々です。 電話メモのようなデータベースの場合、単にファイルを共有するだけではなく、同時に編集できることが必要です。これを実現するための方...
スタイル

変数の宣言は必ず行う

VBAアセットでは、変数の宣言は必ず行うようにしています。 理由などについては、こちらのサイトをご覧ください。
スタイル

変数の命名には、ハンガリアン法を用いる

変数の命名法については、VBAの達人たちの間でも、いろいろな考え方があるようです。極端な例としては、漢字を使う方もいます。VBAアセットでは、ハンガリアン法を用いています。 また、カウンタ変数にも独自の意味を...
タイトルとURLをコピーしました